導入事例:株式会社IDCフロンティア様(アルカテル・ルーセント OmniSwitch)

  • 本文プリント

「広域データセンター間接続において、最先端イーサネット技術“SPB”を採用。複数拠点を結ぶ、ループフリーな冗長ネットワークを実現しました」

IDC Frontier
導入のポイント
  • ループフリー、耐障害性の向上を実現するSPB
  • オペレーションの簡易化による負荷軽減
  • 高密度・高性能スイッチによる導入コスト最適化
お客様名 IDCフロンティア
業種 IT・情報通信業
ソフトバンクグループ企業
企業規模
目的/課題 ITインフラ構築
社内システム構築
業務プロセス効率化(技術系)
ネットワーク最適化
キーワード サーバー統合
エンタープライズサーバー
ランサムウェア対策
仮想化
無線LAN
ネットワークセキュリティ

この導入サービスについてのお問い合わせ・資料請求

抱えていた課題、解決したかったこと

データセンター間を結ぶ、ループフリーな広域冗長ネットワークを計画

シニアネットワークアーキテクト 髙橋 正和氏 株式会社IDCフロンティア
カスタマーサービス本部
カスタマーリレーション部
シニアネットワークアーキテクト
髙橋 正和氏

東京、大阪、北九州、福島など、国内9か所にデータセンターを展開する株式会社IDCフロンティア(以下、IDCフロンティア)。「顧客がネットワークを意識することなくサービスを利用できるインフラ環境」を提供していきたいという想いから「One Network構想」を掲げ、各サービスを包含する基盤となるL2/L3ネットワークを構築。すべてのサービスのオンデマンド提供をめざし、事業を展開している。

その一環として、近年、地理的な離れたデータセンターでのシステム共有・分散や、バックアップ環境を構築するニーズが急増していることから、データセンター間を結ぶバックボーンネットワークの障害対策強化へと乗り出した。

広域L2ネットワークのリンクやノードにトラブルが発生した場合でも、その影響を受けず確実に通信を確保するため、同社は冗長ネットワークの構築を検討。
単にネットワークを冗長化するだけではループが発生してしまうため、SPBを採用することでループフリーなネットワークを実現したいと考えた。

  • ネットワークを意識することなくサービスを利用できるインフラ環境の提供をめざす
  • データセンター間のバックボーンネットワークの障害対策強化に、SPBの採用を検討

導入の要件

次世代イーサネット技術"SPB"採用。
機器メーカーとサポートベンダーの支援で実現

カスタマーサービス本部 ネットワークイノベーション部  飯田 真弘氏 株式会社IDCフロンティア
カスタマーサービス本部
ネットワークイノベーション部
飯田 真弘氏

SPBの採用検討を始めたものの、今回のような商用広域L2ネットワークにおけるSPBの適用は、最先端技術であるが故に実績が少ない。
そのため、導入にはネットワーク機器メーカーの協力はもちろん、実践的に問題解決を図れるサポートベンダーの協力が必須とされた。

また、機器の選定に関しては、導入・運用・設置コストの負担をできるだけ抑えるため、省スペースかつ高密度設計な高性能スイッチを採用することにした。

  • 最先端技術の導入となるため、メーカーとサポートベンダー両方の
    実践的支援により、導入を決断
  • 省スペース・高密度設計の高性能スイッチでコストを軽減

 

ソフトバンク・テクノロジーを選んだ理由

自社ラボでの十分な事前検証の実施と、
新しい技術に挑戦する姿勢を評価

複数の提案を受ける中、同社は、OmniSwitch 6900シリーズをベースとした、ソフトバンク・テクノロジーの提案を採用した。その主な理由として、「自社のラボにおける事前検証の実施」と「新しいことに挑戦する姿勢」を挙げる。

ネットワークの切り替えをスムーズに行うため、擬似的に本番と同等の環境を構築し、実機を使用して事前に検証を行う準備ができたことや、同社の要望にしっかりと耳を傾け、日本アルカテル・ルーセント株式会社と協力しながら、新しいことに積極的に挑戦しようという姿勢が評価され、信頼へとつながった。

  • 実際の本番環境と同構成の検証環境で、十分な事前検証を実施
  • メーカーとのリレーションを含む、手厚いサポート体制と積極的な姿勢を評価

 

導入効果と今後の展望

サービス向上のため、新しいことに挑戦し続ける

現在、ネットワークの切り替えは予定通り進み、新しいネットワークは順調に稼働をはじめた。顧客に提供するサービスを向上させるべく、新しいことに積極的に挑戦していくという同社の方針を体現し、様々な効果が生まれている。

ネットワークの設計・構築・導入支援だけでなく、運用マニュアルの作成やオペレータへの教育といった包括的なサポートを受けることで、当初懸念していた運用の混乱も最低限に収まった。メンテナンス性も向上したことから、運用負荷の軽減にもつながっているという。

同社は引き続き新ネットワークの活用を促進し、将来的には、ネットワークの仮想化や障害監視の自動化など、ネットワークの信頼性を高める仕組みをさらに充実させる施策を実施していく予定だ。

  • 実環境と同様の構成での事前検証により、商用広域L2ネットワークへのSPB導入を実現施
  • 運用マニュアルの作成やオペレータへの教育により、切り替え後の運用負荷も軽減
  • 将来的に、ネットワークの仮想化や障害監視の自動化でサービス向上を目指す

 

IDC フロンティア様 

(写真左端より) 株式会社IDCフロンティア 飯田真弘氏、高橋正和氏、当社 安田章宏、金星吉哉
株式会社日本アルカテル・ルーセント株式会社 福田達哉氏

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

ページトップへ