導入事例:株式会社oricon ME 様(QlikView)

  • 本文プリント

コスト感や開発の容易性・スピード、ユーザビリティなど、
あらゆる面で圧倒的な優位性を誇るQlikViewを選択。
早期運用を実現したソフトバンク・テクノロジーの開発力や、
柔軟でスピーディな対応力には驚かされました。

株式会社oricon ME
導入のポイント
  • 他BIツールを圧倒するコストパフォーマンスの高さが導入の決め手に
  • アジャイル開発による早期導入を評価
  • 直感的なインターフェイスで導入直後からの運用を実現
お客様名 株式会社oricon ME
業種 IT・情報通信業
企業規模 500人未満
目的/課題 アクセス解析
データ分析
Webマーケティング
ビッグデータ活用
キーワード BI
オンライン/オフラインデータの統合
ビッグデータ
この導入事例のPDF

実績PDFダウンロード (660KB)

この導入サービスについてのお問い合わせ・資料請求

抱えていた課題、解決したかったこと

100万件超のデータ集計が頻発するランキング作成業務の
効率化・迅速化が課題に

株式会社oricon ME 島田 昌和 CS事業本部
本部長
島田 昌和氏

株式会社oricon MEでは、サービス業界の顧客満足度ランキングサイト「オリコン日本顧客満足度ランキング」を2006年より運営。扱うランキングは9部門53ジャンルにもわたり、企業の格付けに留まらず、年代別や地域別など調査結果を細分化した項目別ランキングも提供している。
さらに、調査では業界ごとの特殊なルールも逐一配慮する必要があり、ひとつのランキング作成に要するデータ量は100万件を優に超えることも少なくない。

同社では、膨大な量のデータを集計する際、Excelベースの手作業での集計や、過去のランキングに新たなデータを追加するようなケースにおいて、集計方法を変える度に、マクロで作成した集計機能を一から作り直す手間が発生することが課題となっていた。そこで、現場の負荷軽減、集計作業の効率化といった課題を解決するため、同社では2014年3月よりデータ集計システム導入の検討を開始した。


  • 多種多様、膨大な量のランキング集計をExcelベースの手作業で行う現状に限界
  • 負担軽減と集計作業効率化が現場部門の大きな課題
  • ランキングごとの異なる集計ルールにも柔軟に対応が可能なシステム

導入の要件

TCOの最小化・早期運用を実現するため、QlikViewを選択

株式会社oricon ME 菊池 哲郎 CS事業本部
ランキング企画部
部長
菊池 哲郎氏

同社ではスクラッチ開発やBIツールの運用など、あらゆる選択肢を考慮しながら複数のベンダーを比較。最終的に「コスト感や開発の容易さ・スピードにおいて最も優れていた」として、QlikViewの導入を決定した。
その結果、費用対効果の面では他BIツールの半分以下、スクラッチ開発と比較するとそれ以上のコスト削減を実現したという。
当初は社内開発を行う予定だったが、社内リソースに不安を抱えていたためソフトバンク・テクノロジーに開発を依頼。早期運用を目指す同社の要望に応え、オールインワンパッケージであるQlikViewの特長を活かしたアジャイル開発により、約1ヶ月というスピード開発を実現。10月中旬に迎えたカットオーバーからの即時運用につなげた。


  • 最大の要件である「TCO削減」と「早期運用」を共に実現する理想的なツールと判断
  • オールインワン型のシステム構成により、想定以上の開発コスト削減を実現
  • システムの構築と検証を並行して行うアジャイル開発で実運用までの期間を大幅に短縮

ソフトバンク・テクノロジーを選んだ理由

自社開発力や人材の豊富さなど、
他ベンダーとは一線を画すサポート体制に大きな信頼感

株式会社oricon ME 山口 勝義 編集製作本部 制作部
開発ユニット 次長
山口 勝義氏

同社では、早期運用を実現したソフトバンク・テクノロジーの開発スキルを高く評価している。加えて、QlikViewには用途に合わせてレポートをカスタマイズできるメリットがあるが、社内リソース的に開発が難しい場合のリスクヘッジとして、オーダーメイドのレポートを自社開発できる点にも大きな期待を寄せているという。
また、特殊な専門知識やノウハウが求められる調査業界への導入案件であることから、ソフトバンク・テクノロジーは今回、リサーチ系の実務経験を持つ担当者を選定。QlikViewの提案時に実施した製品デモでは、事前にヒアリングした要望を即座にレポートへ落とし込み、具体的な運用イメージを提示した。その深い製品理解や対応の早さに対して、同社が寄せる信頼は厚い。


  • テンプレートでは対応できないオーダーメイドのレポートを自社開発できる点を評価
  • クライアント企業の業界特性に応じて担当者を用意できる人材の豊富さ

 

導入効果と今後の展望

QlikView×オンサイト支援を基盤に
フレキシブルなビッグデータ活用を目指す

株式会社oricon ME 地原 緑 CS事業本部
ランキング企画部
地原 緑氏

導入後、エンドユーザーからは利便性を実感する声が上がっている。従来の手作業集計がリロード機能で瞬時に可能となったほか、レクチャーなしですぐに使えるわかりやすさも好評だ。
現在はランキング集計など定型レポートの生成業務で主に使用しているが、活用の幅を広げるために、ソフトバンク・テクノロジーのオンサイト支援に期待を寄せている。
エンドユーザー側で分析軸を自由に設定できる柔軟性・スピード感を活かし、ランキング結果を報告する社内向け資料や、同社サイトへのアクセス情報をWeb解析ツールと連携させ、ユーザー動向を分析するといった用途も検討しているという。
今後は、調査対象が今年100万人に達するという「オリコン日本顧客満足度ランキング」のビッグデータを、ビジネスに活かすための基盤としてもQlikViewを活用していく構えだ。


  • 専門知識不要の直感的なユーザーインターフェースでエンドユーザーの利便性が向上
  • ユーザー側の自由な発想により、幅広い用途へ活用できる柔軟性・将来性に期待
  • ビッグデータ活用の基盤として、オンサイト支援によるQlikViewの最大利用を推進
株式会社oricon ME 

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 小松 一也(写真 左端)、大平 京祐(写真 右端)

“導入事例:株式会社oricon ME 様(QlikView)”に関する導入事例

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら
  • SBT Talents
  • プライバシーマーク制度

  • ISMS認証登録範囲:
    本社、汐留、大阪、
    名古屋、福岡

ページトップへ