導入事例:国立大学法人 佐賀大学様
(Office 365/Exchange Online/ヘルプデスクサービス)

  • 本文プリント

「大学などの教育機関における導入実績と経験が豊富なことや、
高度な技術力に裏付けられた柔軟なサポート体制を高く評価して、
メールシステム移行の際に、Exchange Online の導入・移行・運用
のサポートをソフトバンク・テクノロジーへ依頼することにしました」

国立大学法人 佐賀大学様
導入のポイント
  • 教育機関向け総合契約により学生・教職員は Office 365 を無償利用可
  • Office 365 プランの一部として利用できるメールサービス
    Exchange Online の導入・運用をスムーズに進めるために支援を依頼
  • サポートやシステム構築などを一括して任せられるベンダーを選択
お客様名 国立大学法人 佐賀大学様
業種 官公庁・自治体・医療・教育
企業規模 5001人以上
目的/課題 ITインフラ構築
クラウド活用
業務プロセス効率化(技術系)
モバイル端末・iPad活用
社内システム構築
業務プロセス効率化(営業系)
キーワード Active Directory
Office 365
SharePoint
この導入事例のPDF

実績PDFダウンロード (785KB)

この導入サービスについてのお問い合わせ・資料請求

抱えていた課題、解決したかったこと

標準サポートだけでは対応が難しかったExchange Onlineの構築・運用

松前 進氏

国立大学法人佐賀大学
総合情報基盤センター長
大学院工学系研究科
博士(工学) 松前 進氏

2004年、旧佐賀大学と旧佐賀医科大学の統合により設置された国立大学法人佐賀大学(佐賀県佐賀市)。5学部 (文化教育学部、経済学部、医学部、理工学部、農学部) を有し、約7千人の学生と約2千人の教職員が在籍する総合大学として、社会の変容に対応できる多様性に富むグローバルな人材を育成・輩出している。

佐賀大学では、「教育研究支援の強化」、「ソフトウェア資産の適切な管理による情報コンプライアンスの強化」、「ソフトウェアの購入・アップグレードに係る経費の節減」などを目的に、2014年、日本マイクロソフト社と教育機関向け総合契約 (Enrollment for Education Solutions) を締結。大学所有PC等への Windows OS や Microsoft Office 製品のインストールに加えて、教職員および学生が所有するPC等で「Office 365 ProPlus」、「Office 2016 for Mac」、「Office 365 ポータル」などを無料で利用できるようにした。

合わせて、全学生・全職員が利用するメールシステムについて「Exchange Online」への移行を図った。しかし、これまでオンプレミス環境で運用してきたときは自由にシステムを調整できたが、クラウドシステムでは経験とノウハウが少ないため同じような環境を再現するのが容易ではなく、構築・移行・運用の各フェーズにおいて、マイクロソフト社の標準サポートだけでは解決および対応が難しいいくつかの課題が持ち上がったという。


  • Office 365 を無償で利用できる教育機関向け総合契約を締結
  • 契約に伴い、経費削減・運用負荷軽減のため、メールシステムを
    Exchange Online へ移行
  • オンプレミス環境とのギャップに困惑

導入の要件

構築・移行・運用、それぞれのフェーズでの課題に一括で対応できる専門ベンダーの支援が必須

江藤 博文氏

国立大学法人佐賀大学
総合情報基盤センター
助教 江藤 博文氏

まず Exchange Online の構築において課題となったのは、既存のオンプレミス環境で運用する AD (Active Directory) との連携をはじめ、教職員用と学生用のドメインを分けてマルチテナントで運用する仕組みの実現方法。そして、これまで提供してきた退職者向けメール転送機能の実現の可否だった。

メール転送は、希望に応じて在籍時のアドレスに送られてきたメールを転籍先へと転送する仕組みで、オンプレミスでメールシステムを構築していたときと同様に対応できるかどうかが論点となった。

次に、メールボックスへの移行に関して、在学生に関しては各自が移行作業を実施する方式を採用したが、教職員に関しては混乱を避け、業務への影響を最小限とするために運営を担当する総合情報基盤センターで対応することになった。

さらに導入・運用全般にあたって、標準サポートではカバーできない事項に関して、どのように対応するのかも課題となったという。 そこで総合情報基盤センターでは、これらの課題の解決を一括して支援してもらえる専門ベンダーのサポートを受けることにした。


  • 独自のメール転送機能の構築が必須
  • 限られた時間とリソースでメールボックス移行作業を完了する方法を模索
  • 経験と知識が豊富な専門ベンダーの支援を受けることを決定

ソフトバンク・テクノロジーを選んだ理由

導入実績や経験、技術力、サポート体制を総合的に評価して、支援業務を依頼

松原 義継

国立大学法人佐賀大学
総合情報基盤センター
技術専門職員
松原 義継氏

総合情報基盤センターでは、ソフトバンク・テクノロジーの導入実績や経験、技術力、サポート体制を総合的に評価して、支援業務を依頼することを決めた。

特に、大学などの教育機関における導入実績と経験、高度な技術力に裏付けられた柔軟なサポート体制、メール転送機能に関する優れた提案内容といった点は決め手となった。

さらに、福岡県福岡市にソフトバンク・テクノロジーの支社があり、Office 365 に精通したエンジニアも在籍しているため、いざというときに直接助けてもらえるという安心感も、運用の現場からの視点では大きなポイントだったという。


  • 柔軟なサポート体制やメール転送機能に関する提案内容を評価
  • Office 365 に精通したエンジニアが、近県にいるという安心感もポイント

導入効果と今後の展望

サポートコストを抑えながら、手軽に問い合わせができるという安心感を高く評価

ソフトバンク・テクノロジーからの提案・サポートを受けたことで、メール転送機能の構築に成功。AD との連携やマルチテナントの設定、さらにはメールボックスの移行作業も委託できたことで、教職員用のメールシステム移行は大きなトラブルもなくスムーズに進めることができたという。

Exchange Onlineによる新メールシステムに関して、利用者からはメールの容量が大幅に増量したことに対する評価が高く、運用側でもハードウェアの運負負荷から解放されたメリットはとても大きいと好評だ。

必要なときに時間制でヘルプデスクサポートが受けられるソフトバンク・テクノロジーのサポートメニューも好評で、サポートコストを抑えながら、いざというとき、Office 365 関連の内容であれば何でも手軽に問い合わせができるという安心感は高く評価されている。
学生用のメールシステム移行も2016年3月下旬に完了。その先には SharePoint Online の活用なども視野に入れており、Office 365 の活用の幅をさらに広げていく予定だという。


  • メールシステム移行は、トラブルもなくスムーズに実現
  • Office 365 に関して、手軽に問い合わせができる安心感を評価
  • Office 365 のさらなる活用を見据えている
ソフトバンク・テクノロジー 小南 武史、平川 翔一朗 

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 小南 武史(写真 右端)平川 翔一朗(写真 右から2人目)

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら
  • SBT Talents
  • プライバシーマーク制度

  • ISMS認証登録範囲:
    本社、汐留、大阪、
    名古屋、福岡

ページトップへ