導入事例:学校法人 帝京平成大学様
(ADFS on Cloud)

  • 本文プリント

「毎年、膨大数の新規ユーザが増え続ける大学において、
Office 365 の導入・活用に ADFS on Cloud は必須。
我々の要望に応えた新機能の開発をはじめ、
ソフトバンク・テクノロジーの手厚いサポートには感謝しています。」

学校法人 帝京平成大学
導入のポイント
  • 膨大なアカウントを抱える大学では、Office 365 の利活用に ADFS on Cloud は必須
  • ライセンス自動付与機能開発など、業務現場の悩みに寄り添う手厚いカスタマイズに満足
  • AD連携の次なる展開として、情報共有基盤の効率化と活性化のため SharePoint Online を含めた
    Office 365 の更なる活用を期待
お客様名 学校法人 帝京平成大学
業種 官公庁・自治体・医療・教育
企業規模 5001人以上
目的/課題 社内システム構築
クラウド活用
キーワード Office 365
Active Directory
導入サービス
ADFS on Cloud ADFS on Cloud
この導入事例のPDF

実績PDFダウンロード (871KB)

この導入サービスについてのお問い合わせ・資料請求

抱えていた課題、解決したかったこと

Office 365 への移行に伴い、 既存システムとのAD連携が最大の課題に

佐々木 幸一氏 総合情報技術センター
チームリーダー
佐々木 幸一氏

帝京平成大学では建学の精神である「実学教育」のもと、医療・医学系の学部を中心に約1万人もの学生が在籍する総合大学として、社会に幅広く貢献する人材の育成に力を入れている。

同学では以前、学内のコミュニケーションツールとして学生向けに外部のメールサービス、教職員向けには学内に構築したメールサーバーを運用していた。しかし2013年、学内システムの更新時期を迎えたことをきっかけに、学生や教職員に提供していたメールサービスの一本化を検討。強固なセキュリティ体制と大規模ユーザーの運用に実績のあるサービスとして、Office 365 の導入を決断した。

その際に最重要課題として挙がったのが、メールシステムの円滑な連携・安定稼動を実現させるための学内のActive Directory(以下AD)と Office 365 を連携するADFSだったという。


  • 学内システム刷新に伴い、学生・教職員のメールサービスを Office 365 に統合
  • 1万人超のユーザアカウントと Office 365 のセキュアなAD連携が最重要課題

導入の要件

Microsoft製品の豊富なデプロイ実績や自社運用経験など、
信頼性重視の教育機関ニーズに合致

江上 栄司氏 総合情報技術センター
江上 栄司氏

毎年、数千人単位で新入生のアカウント作成・管理作業が発生する大学特有の課題に対し、同学では当初から既存のオンプレミスAD環境と Office 365 を連携させるためのADFSの導入は必要不可欠であると捉えていた。

ただし、膨大な学生の個人情報や教員の研究データなど、秘匿性の高い情報を扱う教育機関という立場上、BCPの観点からも新たに導入するシステムには確実な信頼性と可用性が求められる。

その点を踏まえてADFSを扱うベンダーを比較検討した結果、選ばれたのがソフトバンク・テクノロジーの ADFS on Cloud だ。最大の決め手は、Microsoft製品の圧倒的な導入・運用実績。加えて、ソフトバンク・テクノロジーが ADFS on Cloud の自社導入経験・ノウハウを有している点も、安定稼働の前例を重視する同学にとって確かな安心感につながった。


  • 入学時期に膨大数のアカウント作成が発生する大学において、ADFS導入は必須条件
  • 様々な環境のユーザーが利用を行う教育機関では、導入するシステムの信頼性と可用性が必要
  • Microsoft製品の豊富なデプロイ実績と自社導入経験に大きな信頼感

ソフトバンク・テクノロジーを選んだ理由

システム管理者の負担を軽減する「ライセンス自動付与機能」を
新たに開発

鈴木 将功氏 総合情報技術センター
鈴木 将功氏

当初は実績面を評価した同学だが、さらに導入時には、顧客特有の課題へ柔軟に対応する手厚い開発支援を実感したという。その最たる例が「ライセンス自動付与機能」。毎年3月頃に合格者が決まり、入学するまでの短期間で行う新入生のアカウント作成に際し、個別にライセンスを付与していく作業は非常に負担となる。こうした大学ならではの悩みに応えて誕生した新機能だ。

同学によると、この機能なくして Office 365 のスムーズな導入・運用はあり得なかったという。ライセンス自動付与機能は現在「Office 365 メールボックス初期設定」としてサービス化に至っている。

今回の導入は学内システムのリプレースと同時進行という難しいものだったが、ADFS on Cloud はもとより Office 365 も含めたソフトバンク・テクノロジーの全面的なサポートに支えられ、無事に2014年1月のカットオーバーを迎えることができた。


  • 新規アカウントへのライセンス付与作業を自動化し、入学時期の作業負担を大幅軽減
  • 導入時に発生するさまざまな課題や疑問へ迅速に対応する柔軟な開発体制を高く評価

導入効果と今後の展望

SharePoint Online による情報共有基盤の効率化と活性化に期待

ADFS on Cloud 導入後は、学内のみならず、スマートフォンなど学外からも Office 365 のシームレスな利用が可能となった。教職員や学生など、ITリテラシーや環境も多種多様なユーザーが利用するため、学内でも外出先でもWebブラウザから「同じ見た目」のメールボックスや送受信トレイを使える点は非常に便利だという。

今回の導入により最重要課題であった Office 365 とのAD連携を解決し、同学では次の展開として、教職員向けの情報共有グループウェアに SharePoint Online を利用するなど Office 365 のさらなる活用を計画中だ。さらには、ADFS on Cloud においてエンドユーザの端末を特定した認証制御を可能にする「クライアント証明書オプション」など、利便性とセキュリティ強化の両立の実現を目指していく。


  • ADFS on Cloudにより、セキュアな Office 365 の活用拡大を目指す
  • AD連携の次なる展開として、情報共有基盤の拡充に向け SharePoint Online の利用を予定
学校法人 帝京平成大学 

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
伊藤 秀一(写真右より3番目)、西浦 輝明(写真右より2番目)、永沼 忠(写真右)

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

ページトップへ