【福岡開催】クラウド時代の最新セキュリティ対策
~ CASB とクラウド型プロキシで情報漏えいのリスクを未然に防ぐ ~

  • 本文プリント
セキュリティイメージ画像 企業でのクラウド利用が一般的になり、いつでもどこからでも業務ができる環境になってきました。
しかし利便性が上がる一方、機密性の高い情報をクラウド上に保管・活用することも多くなり、情報漏えいの危険性も高まってきたことから、今、企業は早急な対応を迫られています。
オンプレミスで実現していたセキュリティレベルと同等のセキュリティ対策をクラウドのサービスでも実現し、脅威を未然に防ぐ仕組みとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

本セミナーでは、今もっとも注目されているクラウドサービスを安心・安全に利用するための CASB をはじめ、外出先からの Web アクセスを制御するクラウド型 Web プロキシサービス、セキュリティ専門アナリストによる 24 時間体制の運用監視サービスについてご紹介します。

本セミナーの受付は終了しました。
多数のお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。


こんな人にオススメ!
  • クラウド活用にあたりセキュリティ対策に不安を感じている方
  • 情報セキュリティのご担当者さま
  • セキュリティ製品、サービスを再販されたい企業さま
このセミナーで学べること!
  • クラウドサービスのリスク事例を学べます
  • モバイルワークを推進するために必要なセキュリティ対策が学べます
  • 適切なセキュリティ運用監視について学べます
  • クラウドからの情報漏えいのリスク対策が学べます

開催概要

日 程 2018年7月20日 (金) 14:00~16:40 (受付開始 13:30)
会 場 JR博多駅直結 JR博多シティ会議室 9階 会議室3 会場地図
主 催 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
共 催 マカフィー株式会社
定 員 30名
参加費 無料 (事前登録制)

講演内容

基調講演:
リサーチャーからの提案
 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
 プリンシパルセキュリティリサーチャー 辻 伸弘


辻 伸弘

セキュリティリサーチャーという仕事をご存知ですか?一言では言い表せない程広い意味、範囲を持った言葉だと思います。
そこで今回は公開情報をきっかけに事件・事故を調査するというリサーチ活動をしているボクが活動を通じて得られた事実・教訓と、昨年の夏に経験した当社のセキュリティ事故についてのお話を共有いたします。


≪ Profile ≫

1979年大阪府生まれ。セキュリティ・エンジニアとして、コンピュータの弱点を洗い出し修正方法を助言するペネトレーション検査などに従事している。自宅では、趣味としてのハニーポットの運用、侵入検知システム(IDS)による監視、セキュリティ情勢の調査および分析などを行っている。

セミナー登壇多数の他、「日経プラス10」(BSジャパン)、「おはよう日本」(NHK)、「あさイチ」(同)などに出演。『実践 Metasploit』(オライリージャパン)監訳、オンライン記事「セキュリティ・ダークナイト」(@IT)「セキュリティのトビラ」(マイナビ)「あなたの知らないセキュリティの非常識」 など執筆多数。

14:00 ~ 15:00
リサーチャーからの提案

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
技術統括 セキュリティソリューション本部
プリンシパルセキュリティリサーチャー
辻 伸弘

15:00 ~ 15:10
休憩
15:10 ~ 16:00
クラウドからの情報漏えいを防ぐ!
~ Skyhigh と Web Gateway Cloud Service による従業員のクラウド利用の可視化と情報漏えい防止 ~

働き方の多様化により Office 365 など様々なクラウドサービスが活用されるようになってきました。その一方で、クラウドシステムはオンプレミスのシステムよりも社内と社外の境界線があいまいで、オンプレミスのシステム以上にセキュリティ管理が難しくなります。
本セッションでは、Office 365 を中心にクラウドシステムに対してオンプレミスと同様の情報漏えいへのセキュリティを提供するクラウドサービス McAfee Skyhigh と、社外にいても Web アクセスが可視化・保護されるクラウド型プロキシ McAfee Web Gateway Cloud Service をご紹介します。

マカフィー株式会社
セールスエンジニアリング本部 中部・西日本SE部
シニア・セールス・システムズ・エンジニア
松本 匡史 氏

16:00 ~ 16:30
24 時間監視できますか?セキュリティ人材不足を解消する方法

システムのクラウド化に伴いクラウド環境向けのセキュリティサービスも増えてきています。クラウド環境向けのセキュリティサービスを導入をしても、これまでのオンプレミスのシステム向けセキュリティサービス同様、必ず「セキュリティに知見の深い人材の確保」「24 時間体制の監視」などの課題が出てきます。
そこで、セキュリティ対策ソリューションの導入前に重要なリスクアセスメントと、導入後の円滑なセキュリティの運用監視を実現する当社独自ソリューション「マネージド・セキュリティ・サービス」についてご紹介します。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
営業統括 ソリューション営業本部
セキュリティソリューション部 ソリューションデベロップメントグループ
マネージャー代行
久保 祐人

16:30 ~ 16:40
質疑応答
本セミナーのリーフレットPDFはこちら ※PDFファイルを開きます
※講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。
※定員がオーバーした際には抽選とさせていただく場合があります。

本セミナーに関するお問い合わせ

ソフトバンク・テクノロジー株式会社 セミナー事務局

ご不明な点がございましたら、上記セミナー事務局までお気軽にお問い合わせください。

※本WEBサイトに記載されている社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

課題や悩みをお持ちのお客様は、
まずお気軽にご相談ください。

総合お問い合わせはこちら

目的別・サービス別のご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

ページトップへ