Adobe Audience Manager - データ管理プラットフォーム(DMP)

  • 本文プリント
Adobe Audience Manager
  • 導入支援
  • 運用支援
  • ソフトウェア・サービス
  • ハードウェア・デバイス
  • 教育

Adobe Audience Managerの概要

多様なデータを統合し、優良顧客を発見

データ管理プラットフォーム(DMP)Adobe Audience Managerは、オンラインとオフラインのデータを統合し、あらゆるオーディエンス情報を一元管理を実現します。 価値のあるセグメントを特定し、あらゆるデジタルチャネルの施策で活用が可能になります。

また、Adobe Marketing Cloud(※1)の他製品との組み合わせにより、パーソナライゼーションの高度化やキャンペーン管理を実現し、ユーザー最適化を更に高めたWebエクスペリエンスを提供できます。
※1)Adobe Marketing Cloudとは、Adobe Experience Manager(CMS/デジタルマーケティング基盤)、Adobe Analytics(アクセス解析・データ分析)、Adobe Target (Webコンテンツのテストと最適化・パーソナライゼーション)などAdobe社8製品からなる包括的デジタルマーケティングソリューションの総称です。

Adobe Audience Managerの特長

Adobe Audience Managerの「オーディエンス管理」機能は、多種多様なデータソースからオーディエンス情報を集約し、マーケティングプログラムをより効率的に管理することを可能にします。 使いやすいインターフェイスで、価値の高いターゲットオーディエンスを発見し、安全性とプライバシーに配慮した管理システムを通して、オーディエンスデータをマーケティング施策につなげることが出来ます。

「オーディエンス管理」機能の主な特長

オーディエンスプロファイルの統合

1stパーティデータ(自社データ)や2ndパーティデータ(パートナー提供のデータなど)、3rdパーティデータ(第3者提供のデータ)のオーディエンスプロファイルの統合が出来ます。

クロスデバイスの訪問者の管理

複数のデバイスにまたがるカスタマージャーニーを追跡し、パーソナライズされた最適なコンテンツをデバイスの種類に関係なく提供します。

複数チャネルへのオーディエンス適用

Adobe Marketing CloudやDSP(Demand Side Platform)、コンテンツ最適化ソリューション、広告ネットワークなどにオーディエンスを適用することができます。

モバイルデータの収集とターゲティング

Adobe Analyticsと統合し、モバイルWebサイトやアプリからデータを収集し、モバイル広告ネットワークでオーディエンスのターゲティング、アプリ内のユーザーエキスペリエンスを最適化します。

アルゴリズムによる類似(look-alike)モデリング

ロイヤルティの高い既存顧客の情報を基に、影響力のある似た特性を抽出し、新しいターゲットオーディエンスを発見します。

Adobe Marketing Cloudで構築するプライベートDMP

Adobe AnalyticsとAdobe Targetを連携させることで、データ統合からターゲットオーディエンスの設定と効果測定、自社メディアにおけるテストとターゲティングまでの流れを統一されたプラットフォームで実施でき、マーケティングのROIの向上を実現します。



関連Adobeサービスのご紹介

ソフトバンク・テクノロジーのWebコンサルティングサービス「SIGNAL」は、 Adobe Marketing Cloudの活用を加速させます

SIGNALとAdobeソリューション
SIGNALのメリット
お客様のステージに応じたWebコンサルティングを実施いたします。
要件定義から、実装、分析、コンテンツの最適化までをトータルでサポートします。
大規模サイトへの豊富な導入実績がございます。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら
  • SBT Talents
  • プライバシーマーク制度

  • ISMS認証登録範囲:
    本社、汐留、大阪、
    名古屋、福岡

ページトップへ