MOSS Native Workflow - ワークフロー改善

  • 本文プリント
MOSS Native Workflow
  • 導入支援
  • 運用支援
  • ソフトウェア・サービス
  • ハードウェア・デバイス
  • 教育

概要

SharePoint Serverでワークフローを劇的に改善しませんか?

MOSS(Microsoft Office SharePoint Server)Native Workflowでは、SharePoint Server 2010(または2007)を導入済みもしくは導入を予定しており、ワークフローを改善したいとお考えの企業様に最適なワークフローをご提案し、導入までのサポートをさせていただきます。

MOSS Native Workflowの導入で改善できること

内部統制を強化したい
→内部統制のルールの遵守や、業務の不正処理や誤操作の防止に課題を抱えている
ワークフローを改善し、業務効率化を図りたい
→各種書類の申請を紙の手渡しやメールで行っており、申請の遅延や進捗確認ができないことに課題を抱えている
社内で乱立しているワークフローシステムを統合したい
→複数のワークフローを導入していることで、保守費用やメンテナンス工数で課題を抱えている

情報システムのご担当者さまへ - MOSS Native Workflowとは

MOSS Native WorkflowではSharePoint利用における以下の課題を解決します。

利用者からのよくあるご要望

  • SharePoint標準のワークフローでは要件が満たせず困っている。
  • SharePointで手軽にワークフローを活用したい。
  • 製品の機能は魅力的だが運用スキルが心配。

日本市場とのミスマッチを改善

  • 申請書の厳密なアクセス権限制御ができない。
  • ワークフローの承認経路をマスター管理できない。
  • ワークフローの差戻し処理が設定できない。

特長

直観的な操作性

  • 管理者だけでなく、一般部門の担当者の方でもすぐに使い始めることができます。
  • SharePoint標準機能の知識さえあれば、製品を使いこなすための特別なスキルは不要です。
フォーム設定画面、ワークフロー設定画面

SharePointとの高い親和性

  • フォームにはASP. NET、ワークフローエンジンにはWindows Workflow Foundationを利用しているため、個別のカスタマイズ要件にも柔軟に対応することができます。
  • パッケージソフトと違い、新たにハードウェアを用意する必要はありません。
ワークフローエンジン概念図

日本の商習慣に適した申請ワークフロー

  • 差戻し、代理承認、合議承認や申請書項目によるフローの条件分岐に対応しています。
  • 厳密なアクセス権限制御や承認経路設定、承認処理の証跡管理ができます。
申請書、承認画面

より詳しく知りたい方へ

サービス内容詳細

承認画面の比較

MOSS Native Workflowでは、SharePoint標準機能では実装されていない「合議承認」などといった特殊なワークフローを定義することが可能です。

承認画面の比較

フォーム設定画面

MOSS Native Workflowでは、目的や用途に応じて、テンプレートを自由にカスタマイズすることができます。

フォーム設定画面詳細

クリックで表示

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら
  • SBT Talents
  • プライバシーマーク制度

  • ISMS認証登録範囲:
    本社、汐留、大阪、福岡

ページトップへ