TeamSite - Webコンテンツ管理&配信

  • 本文プリント
Teamsite
  • 導入支援
  • 運用支援
  • ソフトウェア・サービス
  • ハードウェア・デバイス
  • 教育

概要

コンプライアンスとブランディング向上を追求したCMSソリューション

企業の顔となったWebサイトはコンプライアンス、セキュリティ、ブランティング向上といった重要な役割を担っています。 今やWebサイトの運営にはCMSは必須であり、どのようなツールを選定し、どのように運営するかによって、いかにコンプライアンスを遵守できるか、いかにブランディングが向上できるかが決まるといっても過言ではありません。企業Webサイトの信頼性を保ち、価値を高めるCMSソリューションTeamSite(チームサイト)をご紹介します。

短期導入が実現できます

既存コンテンツをファイル単位でコピーすれば移行が完了! いち早くわずらわしさから解放され、自由にマーケティング活動などに専念することができます。

CMSの導入というと、『今のコンテンツをCMSに合わせて作り直す作業が大変』という声を大変多く聞きます。多くの一般的なデータベース型CMSではコンテンツをデータベースに格納するために作り直す作業が必要となってしまいます。その点、TeamSiteはファイル型CMSであるため、導入は既存のコンテンツファイルをコピーするだけで完了します。

短期導入概念図

テンプレートを最小限に抑え、作業効率向上

必要なページのみテンプレート化するため、全ページテンプレート化作業不要!

「日付」、「タイトル」、「リンク先」の繰り返しというような箇所についてはテンプレートを導入して作業効率を向上させます。

テンプレート概念図
  • HTMLのソースコードを参照することなく、ページの更新が可能。
  • データはXMLで保存されているため、他システムと連携しやすい。

ヘッダ、フッタ、関連リンクなど複数ページで共通なパーツは、一か所でらくらく管理

ヘッダ、フッタのような共通パーツは専用フォルダに保存。 ドキュメントルート以下にあるコンテンツは専用フォルダにあるヘッダ、フッタを参照し、置換します。

パーツ管理概念図

パーツ管理で、制作効率を最大限向上

パンくずリスト、メニューなど規則性があるパーツは一括で管理、更新。

リスト、メニューを決定するルールを決めます。例)・リストの表示は、タイトルタグの一部から取得。

共通パーツによる管理イメージ

TeamSite活用方法

TeamSiteの特徴を活かした機能追加

ファイル型CMSの特長を最大限に活かし、ご用件に応じて機能を順次追加することが可能です。

フェーズ毎機能追加

デモンストレーションなどのご要望はお気軽にお申し付けください。

特長

クラウド型あるいは構築型の導入を選択可能

弊社SBTは唯一、TeamSite(チームサイト)のクラウド型ライセンス販売が可能です。
お客様のご要望に合わせて、クラウド型、構築型を選択可能です。

構築型 クラウド型
ライセンス 構築型ライセンス
初期費用+保守費用(年間)
クラウド型ライセンス
クラウド型ライセンス費用(月額)
サーバ 御社にてご用意 弊社で用意したデータセンターに設置
サーバ運用、 監視 御社の基準に合わせて運用、監視 クラウドサービスに合わせてご提供
導入期間 4~8カ月 2ヶ月
費用 ご相談ください 初期:180万円~
月額: 60万円~
特長 既存システムと連携してページを生成するなど、ご要望に合わせたカスタマイズの範囲が広い。 SBT標準パッケージ
(※1)としてご用意している環境を短期間で運用開始できる。

※1 下記参照

SBT標準パッケージ

TeamSiteを利用する上で最低限必要な機能、設定

さまざまなお客様のご要件を伺い、TeamSiteを利用する上で最低限必要な機能、設定をSBT標準パッケージとしてまとめました。

ワークフロー
  • 一段階承認公開
  • 承認なし公開
公開
  • 時間指定
設定
  • 複数サイト管理
  • 履歴取得設定
  • 第一階層レベルでの編集権限
  • 配信設定
オプション・カスタマイズ機能(別途お見積もり)
  • 上記以外のワークフロー
  • テンプレート
  • パーツ一括変換

より詳しく知りたい方へ

サービス内容詳細

実現する機能-コンテンツ比較機能

過去や制作中のバージョンのコンテンツを自由に比較することができます。

  1. ビジュアル比較
    ブラウザのプレビュー画面を並べて2つの履歴を確認できます。
  2. ソース比較
    HTMLファイルのソースを並べて比較します。
ソース比較機能イメージ

実現する機能-パーツ管理機能(1)

コンテンツのヘッダやフッタのように複数ページで共通なパーツについては、共通パーツを一か所で管理し、内容に変更がある場合は、関係するページが一括で変更できるようにして作業効率UP!

共通パーツによる管理イメージ
こんなときに便利です。
  • ヘッダーのカテゴリー構成が変えたい。
  • フッターに「個人情報保護方針について」を追加したい。
  • フッターのCopyrightの年号を変更したい。
ポイント
  • ヘッダ、フッタ以外にも関連リンクエリアなどにも適用可能です。

実現する機能-パーツ管理機能(2)

共通パーツのルール設定により、ページコンテンツ制作の手間が削減します。

共通パーツによる管理イメージ

実現する機能-テンプレート機能

「日付、本文、リンクの繰り返し」というような専用の入力フォームを用意して手間をかけずにページを制作可能にします。

テンプレート入力イメージ
こんなときに便利です。
  • 定型化されたページに適用してページの修正負荷を下げる。
ポイント
  • 必要なページだけテンプレート化するため、「更新があまりないページもテンプレート化する」というような無駄はございません。

実現する機能-ワークフロー機能

【 機能概要 】

コンテンツを公開するまでのワークフローを実現します。

こんなときに便利です。
  • 複数段階の承認が必要。
  • 承認者の指定方法は柔軟に変更できます。
  1. 複数の承認者の中から適切な承認者を選択したい。
  2. 承認者グループに承認を依頼、だれか一人が承認すれば公開。
ポイント

承認だけでなくパーツを更新したり、文法チェックするワークフローを構築可能です。
承認時に「公開」または「却下」のほか、「別の承認者に承認依頼」するワークフローの構築も可能。

実現する機能-ワークフロー一覧機能

【 機能概要 】

実行中のワークフローの一覧を表示します。
ログインした担当者のワークフローだけをフィルタリングすることも可能です。

こんなときに便利です。
  • 自分が承認しなくてはいけないワークフローを確認したい。
  • 公開時刻で並び変えて、直近に公開されるコンテンツを確認したい。
  • タスクで並び変えて、承認依頼中で止まっているワークフローを確認したい。
ポイント

キーワード検索ができますので、たとえば「新製品」と検索して、実行中の「新製品」に関するワークフローだけ抽出することもできます。

実現する機能-通知メール機能

ワークフローの承認や却下のタイミングで特定の人にメールを送信します。

ポイント
  • メールの送信先、本文、件名などの命名ルールは経験豊富な弊社コンサルタントがご相談に応じ、御社の業務フローに合わせて設計いたします。
担当者 承認者 制作者 システム担当者
最終承認者 一次承認者 コンテンツ制作業者 システム担当
承認依頼    
承認通知  
却下通知    
公開完了
公開失敗

通知メールの例
★:送信元、○:送信先

実現する機能-プレビュー機能

インターネットに公開しているWebサーバとほぼ同環境でプレビューすることができます。
ファイル名をクリックすると別ウィンドウで開きます。

ファイル取り込みイメージ
こんなときに利用します。
  • 制作者がCMSサーバにインポートしたコンテンツの内容を確認したいとき。
  • 承認者が承認するコンテンツの内容を確認したいとき。

実現する機能-履歴管理機能

過去どのように公開されていたか、1日単位(※1)で管理することができます。
任意の過去2つのタイミングを比較し、バージョンがどのくらい上がっているか、あるいは削除されているか確認できます。
※1 タイミングは任意に設定可能です。

コンテンツの世代ごとに差分を保管するため、効率よく履歴を管理。

  1. ファイル単位
    過去コンテンツをプレビューにするときに利用します。
  2. サイト単位
    過去のサイトを再現したり、過去のサイトのリンク状態を確認したいときに利用します。
こんなときに利用します。
  • 制作者がCMSサーバにインポートしたコンテンツの内容を確認したいとき。
  • 承認者が承認するコンテンツの内容を確認したいとき。

実現する機能-配信管理機能

コンテンツをCMSサーバからWEBサーバに配信します。

実現できる機能

時間指定公開、ファイルリスト(指定されたファイルのみ)配信、差分(更新したファイルのみ)配信、同期配信、トランザクション配信(エラー時にロールバック)

ポイント
  • ネットワーク障害などにも対応可!

活用事例

世界市場が育てたCMS「TeamSite」をソフトバンク・テクノロジーがお客様のために最適化して導入いたします。その一部を詳しくご紹介。
CMS導入の成功のためにぜひご一読ください。

クリックで表示

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、
ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら

その他のサービスに関するご相談は「お問い合わせ・資料請求先一覧」からお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このサービスに関する資料請求やお見積り、ご不明点など、お気軽にご相談ください。

このサービスに関するお問い合わせはこちら
  • SBT Talents
  • プライバシーマーク制度

  • ISMS認証登録範囲:
    本社、汐留、大阪、福岡

ページトップへ